タグ:食べ物 ( 9 ) タグの人気記事

食物に関する重要理解

タンパク質 食べ過ぎると体内タンパク質の

分解量が増加し 活力(vril)を減少する



よく噛んで食べ 最少量の食品の中から

最大量の栄養を獲得する



尊い観念を保有して食すれば

一層その精神態度が一切の食品の中から

活力素を吸収分量を増大する




このような食事法をおこなうと

およそこの世の中の食品の中に

不消化物とか栄養不足とかいうものは

ほとんどなくなり 一切の食品が感謝すべき

天与の恩恵物なりと自覚されるに至り

同時にくだらぬ不必要な贅沢心を

起こさぬようになるのもまた必然のことである




空腹を感じたら食べる

空腹になっていないのに食べる必要はない



1日2食がよい 2食時代のほうがはるかに

健康で無病で長寿であった



腹八分目がよい





[PR]
by florence18 | 2014-06-06 13:17 | *food

いつまでも若々しく

私は毎日 毎朝少なくとも500回足踏みしています

肉体的積極化

しかし肉体的積極化だけでは

本当の健康も長寿も望み得ないのであります

それは『心身統一法』
◎生命の生存を確保する
◎生命の生活を考える

心と体と両方を自然法則に絶対に
背かせないということなんであります

心=絶対積極

体=野菜と果物を出来うる限り食べる
緑茶とお水をたくさん飲む

睡眠ー眠くなったら寝る

運動ー運動したくなったらやるべきで
マイ地に一定期間気が向こうが向くまいが
機械的に実行するのは自然の法則に反する

深呼吸ークンバハカとプラナヤマ法

皮膚の温熱作用の調整を理想的におこなう





肉体の方は身体の抵抗力や耐久力というような

生活に直接必要とするものを力強くするために

訓練的に強化することを怠ってはいけないのです

訓練的に強化することは『習うより慣れろ』という

人間の生命に存在する自然性を応用して

力強い肉体を作る実行を怠らないことであります



心と体が結合統合され その結果生命の内容が

増大してくる

体力 胆力 判断力 精力 能力 と言う

6つの力が増大してくる



その結果 病 煩悶 貧乏の3つとの縁が切れてしまう



幸いあなたがたは私がこしらえた心身統一法という

心の操縦法と言うものを知っています

心と言うものは難しいものではない

扱い方を知ってしまえば 何とか操縦できるものだ

事実をもって知ってしまえばあとはその実践だけであります




そしてどんな時もその心の態度に若々しさを

断然失わないこと

それがいつまでも若々しく生きる秘訣であると断言しましょう





島中先生より捕捉

睡眠:23~3時の4時間は先生は大切にして

おられました

『充分な睡眠とは深さが問題だよ

昼間よく働くことが最良の睡眠法だよ』と。



[PR]
by florence18 | 2014-06-06 11:04 | *health

食べ物がりっぱな薬

我々の肉体を形成している細胞でも骨でも

筋肉でも 血液でもみんな有機鉱物であります


この現象世界にある物質というものは

3つしかないはずだね

植物と動物と鉱物



骨 肉 血液 筋肉 一切みんな鉱物だ

そして生きている限りは有機鉱物であります


有機鉱物である我々のある故障を治そうがために

用いる薬が 無機鉱物である場合

この、無機鉱物というものが有機鉱物と

同じような作用を我々の肉体に与えてくれない

リンゴには多分なカリウム マグネシウム…

有機鉱物だから生きています

例えば貧血症になった人間に鉄分が必要で

医者からもらった鉄を飲ませると 普通の鉄を人が

飲みやすいようにしたものなんだ

釘1本削って飲ませるやり方をしている

必ず有害な副作用がおこります



日々食べている食べ物の中に立派な薬がある

『果物 植物性の野菜…etc』限りなく豊富な

中毒のない有機鉱物が入っている



およそ 病と言うものは特に慢性の病というものは

体の中に病的物質が想像を超えて積り積もっちゃって

その上、肉体生命を保つために是非必要な

有機塩やその他の有機物物質のものが

欠乏しているがために生じてくる1つの状態なんだ



とにかく普通に我々が食べている食い物の中から

その欠乏した成分を補うようにしてやるのが

一番いい薬なんだ

毒を出すためにお間までの倍くらい

果物や野菜を十分に取り入れるように

すると自然に自然に出せる毒なら出ていきます





[PR]
by florence18 | 2014-06-04 19:00 | *food

心の持ち方

私はいっぱいの水を飲む時でも観念を使っている

あなたがたはこういうところに来てお茶を飲むときに

ただ何の気なしに飲んでいる


我々がお茶を飲むときはこの茶の中にある

ことごとくの栄養を今まさに自分の四股の末端に

至るまで 恵みとして受けるんだという感謝で飲む

一口 物を食う時と言えども いやさ 寝るときにも

起きるにも 何をするのにも まず第一番に

観念の決定を施してから行うというのが

この天風哲学。握手をするのだって手と手を通じて

お互いの体がひとつになって向こうに足りない力を

こっちからやるつもりで 私はいつも握手している




観念ってぇものを応用しないで人生に生きている場合

その人生の情味を味悪分量が 非常に少なくなっちまうんだぜ



私どんな場合があっても面白くない時ってものは

味わったことがありません

いや、私の心に味あわせない



どんな時も面白い 楽しい。私は。

観念と言うものをそういうふうな、要するに心それ自身を

楽しませることを本位として使っているんですから

『思いません』より『思わせない』と言った方がいいでしょうね



病のときね、まず第一番にこう考えることが必要なんだよ

頭痛がしようと、いいか、腹下した場合でもこう考える

病というものは 自分を丈夫にしてやろうとする天の恵みの力が

働いている時だと。どうだい。全然あなたがたと考え方が違うだろ



『ああ、まだ私を生かしておきたい 丈夫にしてやりたいと

言う思し召しが天にありゃこそ この体の中の全てのものを

健康的に使用がために こうして手を変え品を変えて

この病毒を出す力を働かせてくだされている』



恐怖しただけでも血液やリンパが色から働きから

変わってしまうんだ。

その当然の結果として心臓の働きや肺の作用

までが調子を乱してくる



今日ただいまをありがたく 尊く 嬉しく

生かして頂きゃいいだけなんだから。

そういう観念を持って人生に生きる者はね

時間とか空間とかというものを生きているません



空間時間を超越したところに

天風哲学の本領はある



ただ楽しく生きてさえすりゃ その生きていく

刹那刹那が私の人生の全部なんだ







[PR]
by florence18 | 2014-06-04 18:23 | *food

食事の注意

普段と違った不健康な状態を少しでも体に感じた場合は

本当に腹が減ってたまらなくなるまでは

食い物を食べない方が無事なんです



衰弱の程度が非常に著しいようなときは

きわめて消化しやすい 軽い滋養分の多い

卵の白身とか牛乳とか 果物 野菜サラダ

急性的な病の場合には 食べないことにこしたことはない

飲み物もかわきを止める程度以上には飲まないように



特に水をあまりガブガブ飲むと血液やその他の

分泌物を希薄にしてしまう恐れがある

血液やリンパが希薄になると 病を治す力

自然治癒力 これが減退せしめられる



ただ果物の絞り汁 ジューサーで絞ったやつは

健康な時だって私なんか大抵日に

少なくとも3合は飲んでます。




[PR]
by florence18 | 2014-06-04 18:08 | *food

病の消息

本当に病を治すには 体全体に自然の法則を応用して

体の中で病を起こすものとなっているのもを


体の外に追い出すように力づけてやらなきゃ

いけないということに気がつきそうなもんだがねぇ

現代の医学から言ったら絶対に治らないと言われている癌

心身統一法を応用したところの統一式治病法を施すと

むしろ驚くべき奇跡的の効果がそこに生じてくるのであります。




癌の病原は血中の中にあるんであります。

それが体の一部分に固まって集まったものを癌という

もっと詳しく言うと 体の中で腐敗した動物性の物質の毒が

次第にちり積もってしかる後 固まっちゃったのが癌



さらに詳しく言うと 癌の病原は動物性の食い物の

その有力なる原因のひとつなんだ。

牛や豚や鳥 魚肉といえどもたくさん食するなかれ

だいたい食物の種類はあんまり多くするとよくないんです。

多いほど栄養や養生にいいと思っているが違うぜ

とにかく動物性のものは体の中で腐りやすい

その腐った動物性のタンパク質と、ある菌の作用で

体の中のある部分に細胞がとっても数多く

そこにあっちゃいけないほどの数

特別に繁殖しちまうんだ

この繁殖した細胞が間もなく今度は

腐敗を始めます。

するとその腐敗した細胞の中にあるタンパク質が

その付近に存在して生きている細胞までも

刺激して一方に細胞を繁殖せしめながら

一方にまた細胞を腐らし始めて固めてしまうんであります。



そこに悪性の肉の塊ができる。これが癌



理屈は簡単なんだ

癌にかかりたくなかったら 肉食を

たとえ魚肉といえどもたくさん食わないようにしなさい

全体の7:3でいい

病人になったら風邪でも動物性のものを食べちゃいけない



どんなごちそうがでても私は動物性のものには

決っして余計に手を出しません

どんなにうまいものがきても1切れか多くて2切れ。

動物性タンパク質が胃の中に入ると

完全無欠に消化するように

咀嚼したものを胃の中へ送りゃまだしも

それでないと必ずすぐに腐敗しはじめる。発酵する。



胃の中で腐敗したタンパク質がたくさん吸収されて

血液の流れの中に入ってくると どうしても体中を

循環し始める。

そうすると悪い血液が循環を始めるんだから

どこかいわくのあるところ 

いわゆる侵されやすいところ もしくは

故障が現在あるところに不純血がちり積もってくる



そうすると前にも言った順序でそこに肉の塊ができる

菜食者でも数少ないけれど癌になる者もいます

あまり植物性の繊維物を食べなかったからだ



とにかく癌であろうと 何の病であろうと

一番忘れちゃならないことは 血液を

純潔に清浄ならしめること



風邪だって血液がキレイならひかないんだ

あなた方は寒さにあたるとひくと思っているが違う

寒さに当たって体力が弱ると体の中の黴菌が

猛威をたくましくするんだが その時血液がキレイだと

黴菌も暴れるようにも暴れなくなってしまう

血液が汚いと暴れ出す

そうすると熱が出たり頭が痛くなったり

もっともその時の熱というものは悪い熱じゃない

黴菌の暴れたやつをできるだけ弱らせちまおうと熱が出る





修行のできてる人の体からは常になんとも言えない

嬉しい匂いがかがれるというのはこれのためです。

血液が汚い人っていう者はね

そばへ行くと 腐りかけたジャガイモみたいな

臭いがするんだ。自分じゃ気がつかねぇ。




自分の中に譲り渡された遺伝的なものは

そのままにしておきゃあ いろんな格好になって

でてくる。癌になったり結核になったり。



心身統一を教えた以上 厳密にやりなさいと言うの

そうすると一切の遺伝と言うものが中断されるの

どんな遺伝でも 非常に健康的な条件が揃っている

人間がその血統の中途に出ると その健康的な条件の

そろってる人間で ピタリと一遍で遺伝というものは

なくなっちまうんだ

これで中断しなかったら大変なことになる

遺伝、必ずしも恐るるに足りず

心身統一をおこなっていりゃぁ

遺伝は恐ろしいものじゃない









[PR]
by florence18 | 2014-06-04 17:11 | *food

食べ物と空腹と

本当に腹が減った時に食べるのが

一番血になり肉になる

本当の空腹は有りがたい

本当の空腹はあれでなくちゃいけない

これでなくっちゃいけない

という贅沢な気持ちがでないんです。

だからお腹が減った時以外に食べない

と、同時にもう一杯というところで

やめるんだよ




夜、寝るときに反省する

◎動物性のものを食べなかったか

◎脂肪を摂り過ぎなかったか

◎腹八分目ですませたか

◎果物や野菜を大く食べたか

◎加工変形したものを食べなかったか

◎濃厚な贅沢な食べ物

それとも淡白であっさりしたものを食べたか

◎極端に熱いもの、冷たいものを食べなかったか

◎強い、辛い刺激のあるものを食べなかったか

◎十分噛んで食べたか

◎食べたかったから食べたのか?

◎食べたときの気分は感謝してニコニコ嬉しく食べたか?

自己が厳粛な態度になって考えるんだ

そして昨日の失敗は今日取り直さなきゃいけない

『昨日は野菜が足りなかったな

つい魚を食べすぎたから 今日1日は野菜だけで過ごそう』

と言うふうに取り直しをしていかなきゃいけない

それで一週間が平均してアルカリ性の食い物で

過ごせる等になりゃぁしめたもんだ


だからとにもかくにもできるだけ

野菜や果物を食べるように



果物と野菜の食べ過ぎと言うのはないんです

100のうち99の正当がおこなわれていても

たったひとつのえらーがそこにあると

そのエラーから バーーーーッと99の

正当がぶち壊されるんだ



本能や感情の虜になって 自分の生命を

あたら自分で傷つけるような軽率な自己の

命に対する残酷な処置をとらないように。



わずかな注意です。

わずかな注意が実行されれば 来る年も

来る年も そりゃ自分でもどうしてこんな

自分になっちまったんだろうと思うほど

丈夫で生きられますよ。







[PR]
by florence18 | 2014-06-04 15:17 | *food

正しい食べ方

動物性のタンパク質にはプロマイントキシン

という人間には不要な酵素が入っている

弱アルカリ性じゃなきゃいけないのに

酸が入ってくる




よくかんで食べればガスがでない

悪いものを食わない

良いものをかんでると臭くなくなっちまう



私の先生(カリアッパ先生)の身体のそばにいると

何とも言えない一種のいい匂いがするので

『何か塗ってらっしゃるのですか?』

『お前もいつかそうなる。身体が作り変えられると

人間と言うものは万物の霊長なんだ

万物の霊長から嫌な臭いのするはずがない』



ただ単に食べ物だけじゃなく心身を統一すると

人間の生命の中の人身磁気が増えてくるくらいですから

あらゆるものが磁気電化してその結果

非常な同化力が強くなるんです

だからちょうど時計の機械が

どこのネジも釘も粗末にできないと同じように

人間の生命を完全なものにしていこうと

する時は このくらいのことは

どうでもいいだろう というような

気持ちを持っちゃいけないんであります



慌てて食って粗のみこみするのと

ようく噛んで食べる結果とは

もう天地の差がつきます

そうして 感情や感覚の奴隷になっていたら

人間の血液が汚くなっちまう→体が弱くなる

頭も不明晰に。



脳みその中にも その濁った血が循環して

いきますから優れた思慮分別ができない

ばかりでなく のべつ何となくうっとおしと言うか

重たいといおうか 脳髄腑の中にスモッグが

立ち込めたようになっちまうんだ



よく忘れ物をするとか 記憶力が弱いとか

言う人はもちろん 観念集中がおろそかに

されているのが原因であるけれども

観念それ自体がです、頭の中にスモッグが

たちこまれていると いざ集中しようと思うと

集中しないのであります。

それが非常に食い物に関係あることを

忘れちゃダメだぜ

『健康を現実にしようとする者は

できるだけよい血液を体の中に循環せしめなきゃいけない』



[PR]
by florence18 | 2014-06-03 18:40 | *food

腹八分目

『腹8分目 病なし』

あまり食いすぎると汗の臭いから

口の臭い だから8分目

血液が弱アルカリ性なものになると

人体を包む磁気が非常に旺盛に働くから

アストラルボディの働きも濃厚になるんだ

霊気体(7つの層をした気体)

生きているときは2つがくっついているが

死ぬと2つに分かれる



よく影が薄いとか濃いとか結局これなんだ

あなた方が私の脇に来ると何とも言えない

良い気持ちになるのは 

このアストラルボディの感化なんだ



私があなた方の身体に手を乗せりゃ

病んでるところは直ちに痛みが止まるし

治さなきゃいけないところに

どんどん治す力が働いてくるのは

このアストラルボディの中にある

人身磁気 ヒューマン・マグネテズムの

ためであります

これは食い物ばかりだけでなく

心の使い方が非常に大きな問題をなしています


健康になるとか丈夫になるとか

長生きするというのは たった1つのことを

やってるだけじゃいけないんで

あれもやりこれもやり統合された

結果において本当に理想どおりの強さが

出てくるということを忘れちゃダメだぜ




[PR]
by florence18 | 2014-06-03 17:52 | *food


不安や悩みや病気を乗り越えて スパラシキ人生*にするための方法を書いてます。


by florence18

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

メモ帳

Copyrightⓒ2014
florence
All Rights Reserved

ブログランキング・にほんブログ村へ

カテゴリ

全体
*wonderful life はじめに
*Tenpu Nakamura 中村天風
*contents 目次
*how to 1
*how to 2
*how to 3
*how to 4
*how to 5
*how to 6
*moving words 感動した言葉
*books お薦め本
*work
*food
*health
*exercise
*my profile
*my diary
*others
*Yogananda ヨガナンダ
*Osho
*The celestine proph

タグ

(133)
(107)
(90)
(53)
(42)
(10)
(9)
(9)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。