タグ:聖なる予言 ( 4 ) タグの人気記事

聖なる予言 第六章 過去の清算

『これはコントロールドラマが邪魔した完璧な例ですよ』と彼は言った。

『あなたがあまりにもそっけなくしたので 大切な偶然の一致を起らせなくしてしまったのです』


『誰にとっても 自分を明らかにする道程の第一歩は

自分のコントロールドラマに気づくことです。

自分自身をよくみて エネルギーを操作するために自分が何をしているか

発見しなければ何も発展しません。今あなたに起こったのは まさにこれなのですよ』
[PR]
by florence18 | 2014-12-07 16:17 | ★The celestine proph

聖なる予言 第五章 神秘体験

何とか生き延びたのだ。

私は前に向き直るとあぐらをかいて座り、うっとりとするほどの喜びを

味わっていた。

ここに永遠にいたかった。太陽が輝き 空があくまで青いすばらしい日だった。



空に向かって手を伸ばしたとき 自分の身体の感じが今までとまるで

違う事に気がついた。腕は信じられないほど楽々と上に上がり 背中 首

頭を努力しなくても完全にまっすぐにすることができた。

あぐらの姿勢から 腕の力を使わずい立ち上がって 体を伸ばすこともできた。

それは完全な軽やかさの感覚だった。

遠くの山々を眺めていると 昼の月がちょうど沈もうとしているのに気がついた。

鎌のように細い月で 地平線におわんを伏せたような形でかかっていた。

一瞬のうちに なぜ月がその形をしているのか 私には理解できた。

何億キロも離れたところにある太陽が沈みつつある月の上の部分だけを

照らしているのだった。

私は太陽と月の表面を結んでいる線をハッキリと認識することができた。

そしてこれは私の意識をなぜかもっと外側に拡大していった。

私は地平線に沈んだ月がもっと西の方に住んでいる人々に

どんなふうに見えるか想像することができた。


このイメージが浮かんだ時 私の背骨を下の方から感動が貫いた。

そして 私の頭上にいつもあると感じている空間が 自分の足の下の地球の反対側にも

同じだけあると認識した、というより体験したのだった。

その時 私の背中はさらにまっすぐになったように思えた

生まれて初めて私は地球が丸いと言う事実を 知的な概念としてではなく

実際の感覚として知ったのだった。

ある意識面ではこの気付きに私は興奮したが もう一つの意識のレベルでは

これは全く自然なことのように思えた。 今はただ 四方に広がる空間の真ん中にポッカリと

浮かんでいる感覚に身を任せていたかった。

そこに立っていても地球の引力に抵抗して自分の足で地球から自分を引き離すのでではなく

身体の中の浮力で持ち上げられているような感じだった。

それはちょうど、足が地面に着くか着かないかぐらいに浮き上がるだけのヘリウムを

つめた気球になったような気分だった。

一年間手中的な鍛錬を積んだあとの 完璧な運動選手の状態にも似ていた。

ただそれよりもずっと調和がとれて軽やかだった。


すべてのものが自分の一部であるように私は感じていた。

山の頂上にすわって四方に広がる風景を眺めていると 自分の身体だと普段思っていたものが

自分に見えるすべてのものから成る大きな体の頭の部分にすぎないと感じられた。

宇宙全体が私の目を通して それ自身を見ていた。


私は最初の物質が爆発して宇宙となる様子を見ていた。

そして第三の知恵に書かれているように本当の意味の個体は存在しないということに気がついた。

物質はある特定のレベルで振動しているエネルギーにすぎず 最初は最も単純な振動帯体の形で存在していた。

水素と呼ばれるものである。

それが宇宙にあるすべてだった。水素だけだった。

(中略)


私は一瞬のうちに進化の全物語をみたのだった。

それはあたかも計画されていたかのように物質がせいぶつになり より高い振動のものへと

そのための条件を想像しながら進化し ついに人間が出現するという物語だった。


私は山の上に座っている間に この進化が人間の生命の中でさらにどうのように

発展してゆくか おおかたは理解できた。 これから先の進化は人生で偶然の一致を体験するということと

関係していた。こうした同時に起こる出来事が 私たちの人生を前進させ 同時により高い振動を創り出して

進化を推し進めてゆくのだ。






『食べ物はエネルギーを得る第一の方法です』と彼が言った。

『味は入り口です。あなたは味に感謝しなければいけません。

食べる前にお祈りをするのはそのためです。

それもただ感謝するだけではなく 食事を聖なる体験にするためです。

そうすれば食べ物のエネルギーがあなたの身体に入るようになります』




『しかし 食べ物をとるのは第一歩にすぎません』と彼は言った。

『この方法で個人のエネルギーが増すと あなたはすべての物の中にある

エネルギーを自分の中に取り込むことを学びます。

私たちのまわりにあるものは すべてエネルギーを持っています

しかしそれぞれ特別の種類のエネルギーを持っています。これは

ある場所が他の場所よりもエネルギーをより高めてくれる理由です。

あなたがそこのエネルギーに合うかどうかによるおんです。

心を開き 天と繋がり 感謝の気持ちを持たなければなりません。

エネルギーの場を見るのと同じですが さらに一歩すすめて

自分がエネルギーに満たされた感覚を得ます。』




私は気を見つめ 山頂で味わった感情を想い出そうとした。

少しづつ 私は木の形や存在を素晴らしいと思い始めた。

その気持ちは次第に高まってゆき ついに実際に愛を感じるほどになった。

その気持ちはまさに 子供の時 母に感じた思いや 十代の頃の幼い恋の

対象だった少女に感じた思いと同じものだった。

しかもこの愛は木に対してだけではなく 全体的な深い感情として

存在していた。私はすべてを愛していた。




『あなたが物の美しさと個性を感じると あなたはエネルギーを受け取ります。

そしてあなたの気持ちが愛まで高まるとあなたはそうしたいと思っただけで

エネルギーを送り返すことができるのです』

しばらくずっと私はそこで木と共に座っていた。

木に意識を集中し その形や色を称賛すればするほど たくさんの愛を受け取るように

感じた。不思議な体験だった。私のエネルギーが流れ出して木を満たしていく様子を想像したが

それを見ることはできなかった。


『びっくりするような体験でした。愛を想い出すことによって 自分の心を開くことが

できると感じたのです。私は一日中そこにいました。』

サンチェスはもっと真剣になった。

『愛の役割はずっと誤解されてました。愛とは善人になるために何かするとか

道徳的義務感から世界をもっと良い場所にするとか あるいは快楽を諦めるべきだと

いうようなことではありません。

エネルギーとつながると興奮し 至福感を感じ それから愛を感じます。

この愛の状態を維持するために 十分なエネルギーを見つけることは確かに世界を助けますが

それよりもまず第一に 自分のためになります。それは私たちにできる

もっとも気持ちの良い事なのです』




『神秘体験が起こると その人のエネルギーの場はどのように見えるのですか?』

『外側に大きく広がって 少し色が変わります』

『何色ですか?』

『普段はぼんやりした色から 緑や青に変化します

でも一番大切なことは それが広がるということです。

例えばあなたが山の上で神秘体験をしたとき あなたのエネルギーは宇宙全体に

流れ出しました。要するにあなたはつながって 全宇宙からエネルギーを引き寄せ

今度はあなたのエネルギーが広がって すべてのもの すべての場所を包み込んだのです

その時どんな気持ちがしたか 思い出せますか?』

『はい、まるで 全宇宙が私の身体のように感じました

私はその頭というかもっと正確に言えば 目になったような気がしました』

『そうです。そしてその時あなたのエネルギーの場と宇宙のエネルギーの場が

ひとつになったのです。あなたの身体になったのです』

『人間は宇宙の進化をどんどん高い波動の複雑なものへと 進めてゆくのです』





『物質的な宇宙は純粋なエネルギーであり、そのエネルギーは

我々がどう考えるかに反応します

第四の知恵は 他人を支配し 他人の思考を奪うことによって

彼らからエネルギーを盗むと言う 人間のくせを明らかにします

これはエネルギーが不足し どこからも入ってこないと感じるために

私たちが犯している犯罪なのです。こうしたエネルギーの不足は

より高次の源につながることによって 当然解消されるのもです

もし私たちが心を開きさえすれば 宇宙は私たちが必要とするものの

すべてを与えてくれます。これは第五の知恵の啓示です』





『人生で私たちを導いてゆく出来事が 偶然をこえておこるようになると

私たちはより活性化した人間になります。そして運命が私たちを導いていくように感じます

それが起こると 最初に偶然の一致をもたらしたレベルのエネルギーが私たちに授けられます。

恐れがある時 私たちは打ち負かされ エネルギーをうちないますが このエネルギーレベルが

新しい限界となっているので そこまでは簡単に取り戻すことができます

私たちは新しい人間に生まれ変わって より高いエネルギーレベルの中に生き

より高い波動レベルに存在しています。このプロセスが分かりますか?

私たちを満たし 成長し 満たし また成長するのです。

こうして人間はより高い波動へと宇宙の進化を続けているのです。』







[PR]
by florence18 | 2014-11-05 14:29 | ★The celestine proph

聖なる予言 第四章 権力闘争

『私たちが盗むのは 他人のエネルギーです。

大部分の人は他人のエネルギーを追いかけて一生を過ごしています。

もちろん時と場合によっては ちがうように作用する場合もあるけどね。

少なくともしばらくの間は自ら進んでエネルギーを

私たちに送ってくれる人に出会ったりもします。』

『ふたりが何を話していたのかは知らないが 明らかに彼女のエネルギーが

あなたに注ぎ込まれていました。私が入って行ったとき はっきり見えましたよ

あの時どんな気分でしたか?』

『とてもいい気分でした。実は自分の体験も考えも水晶のようにはっきりしていました。

自分のことを楽に表現できました。でもどういう意味があるのですか?』

彼はにっこりした。『時々マージョリーがあなたにしたように 誰かが自分の状態を

私たちに何とかしてもらいたくて 自分のエネルギーを私たちに与えることがあります。

それで私たちは力を得たように感じますが こうしたことは長くは続きません。

マージョリーも含めて 大部分の人は エネルギーを与え続けられるほど 強くありません。

だからほとんどの男女関係は最後は権力闘争になってしまうのです。

人は互いのエネルギーを結合させ そのあとにすぐに誰がそれをコントロールするか闘い始めます

そして敗者が代価を払うのです』





『第三の知恵はこの物質世界は大きなエネルギーシステムだということを示しています。

そして今 第四の知恵では 人類はずっと無意識のうちにこのエネルギーの中で唯一 

自分たちに開かれてる部分 つまり私たちの間に流れているエネルギーを奪い合って

きたということを伝えています。人間の闘争は常にこのエネルギーをめぐる争いでした

これは不安と無力感のため 自分は大丈夫だと感じるためには 

他の人のエネルギーを盗まねばならないという事なのです』

[PR]
by florence18 | 2014-11-05 12:15 | ★The celestine proph

聖なる予言 The celestine prophecy

第三章 エネルギー

『まるであなたはエネルギーが見えるみたいですね』と私は言った。

『ええ、私には見えます。でも最初は美を深く感じ取れるようになったのよ』

『でもそれがどう役に立つのですか?
そもそも美とは相対的なものでしょう?』

彼女は首を振った。
『私たちが美しいと感じるものは違うかもしれません。

でも、私たちが美しいと思うものの本質的な性質はみな似通っています。

考えてみてください。

何かを美しいと感じるとき、その物の存在感が増し 輪郭や色がくっきりと

鮮やかになるとは思いませんか?とても目立ちます。輝いています。

他のそれほど魅力的でないものと比べると ほとんど虹色に輝いて見えるでしょう』

私はうなずいた。

『この場所をごらんなさい。あなたがここに圧倒されたのがわかります。

誰もがそうだからです。

この場所はあなたに飛び込んできます。色や形の迫力が増します。

さて次の認識の段階はすべての物のまわりにあるエネルギーの場を見ることです。』








空手の名人は ほとんど不可能に見える 素手でレンガを割るという離れ技をやってのけますが

『気』というエネルギーを使うのだと言っています。

運動選手が引力の法則に逆らって空中でねじりを入れたり宙返りをしたり

空中に浮いたりするのは 私たちもみたことがあります。

これはみな見えないエネルギーを使った結果なのです。

もちろん たくさんの火とが自分の目で実際に見ないことには本当に受け入れられませんが。

『先生はご覧になったことがあるのですか?』

『それらしきものは見たことがあります。』と彼は言った。

『私が何を食べたかによるんですよ』

『というと?』

『ここにいる人たちで エネルギーの場を簡単に見ることができるのは

ほとんど野菜しか食べない人たちです それも自分たちで育てた 非常に力のある植物だけを

食べています』彼は前方の配膳台を指差した。

『これがその一部です。でも幸いなことに 肉なしではないられない私のような古い人間のために

肉や鳥肉も出しますがね。でも食事を変えれば見えると思いますよ』

どうして食事を変えないのか 私は彼に質問した。

『分かりません。古い習慣はなかなか変えられませんので』と彼は答えた。




『私も最初はそんな大きなエネルギーの場は見えませんでしたよ。

私は自分の指のエネルギーから見ることから始めたのです。

身体をそ後ろにそらせて両方の人差し指をくっつけて下さい。

背景に青空がくるようにします。

柚木に三センチほど指先を離してその間の空間を見てください。

何かみえませんか?』

彼の言うとおりに私はレンズを指を動かしてみたが目の焦点をずらすという意味は

よくわからなかった。やっと指の間の空間にぼんやりと視線をむけることができた。

両方の指先は少しぼやけたが この時指先の間に煙のようなものが見えた。

『あれれ』と私は言って自分が見たものを説明した。

『それです!それ!今度はそれで少し遊んでみてください』

私は4本の指を合わせ 次に手のひら そして肘まで合わせてみた。

どの場合も両手の間 両腕の間にエネルギーの線が見えた。















[PR]
by florence18 | 2014-11-01 15:02 | ★The celestine proph


不安や悩みや病気を乗り越えて スパラシキ人生*にするための方法を書いてます。


by florence18

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

メモ帳

Copyrightⓒ2014
florence
All Rights Reserved

ブログランキング・にほんブログ村へ

カテゴリ

全体
*wonderful life はじめに
*Tenpu Nakamura 中村天風
*contents 目次
*how to 1
*how to 2
*how to 3
*how to 4
*how to 5
*how to 6
*moving words 感動した言葉
*books お薦め本
*work
*food
*health
*exercise
*my profile
*my diary
*others
*Yogananda ヨガナンダ
*Osho
*The celestine proph

タグ

(133)
(107)
(90)
(53)
(42)
(10)
(9)
(9)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。