タグ:感動する言葉 ( 90 ) タグの人気記事

ただ星をみつめて

夜は星々でいっぱいだ。

地面に横たわり、大地の中に消えて行きなさい。


私たちは大地からやって来て、いつの日か永遠の

休息のために大地に戻って行く。夜、ときには、

芝生の上に横になり、大地の中に消え去りなさい。


星々を見つめなさいーーただ見つめ、純粋に見つめなさい

星の名前、星座の名前を考えはじめたりしてはいけない

星について知っているすべてのことを忘れて

自分の知識をすべて脇に置いて、ただ星を見つめなさい

すると突然、コミュ二オン・霊的交感が起る



星々はあなたのなかにその光を注ぎはじめ

あなたは意識が拡大してゆくのを感じる

これは、どんな麻薬・ドラッグにもできないことだ

麻薬はきわめて人工的な、手前勝手な、有害な方法であり

しかもそれによって知ることができるものを

私たちは自然に、簡単に

恵みとして手に入れることができる

ただ星を見ているだけで、あなたは高揚感を覚え

高く飛翔しはじめる



osho


[PR]
by florence18 | 2014-08-08 15:46

肉体は宇宙の縮図だ

私の肉体は私の友人だ肉体には敬愛の念をもって接するべきだ

神は、肉体に宿ることを選んだ

肉体は奇跡だ。それは途方もなく美しく、途方もなく複雑だ

肉体ほど複雑なものはなく、精妙なものはない

あなたは肉体についてなにも知らない

ただ、鏡のなかの自分を見たにすぎない

内側から自分の肉体を見たことはない

そうすれば、それ自身がひとつの宇宙だ

肉体は宇宙の縮図だと神秘家はつねに語っている

内側から眺めれば、肉体はひじょうに広大だ

何百万という細胞があり、それぞれの細胞が生きている



osho

各細胞がそれぞれの機能を果たす様子は、 信じられないほど素晴らしく、ほとんど不可能に近い。
[PR]
by florence18 | 2014-08-08 15:33 | ★Osho

ただ自分自身でありなさい

ただ自分自身でありなさい。

全くの自分自身でありなさい。

そして、自分がどんな花になるのかなど気にかけないこと。




あなたが、バラなのか、蓮なのか、それは問題ではない。

問題は花開くことなのだ。



osho

[PR]
by florence18 | 2014-08-08 15:29 | ★Osho

新箴言14 残心

人生に 最も注意すべきことは 得意の時に

ひとしおの心の備えを 緩めぬよう心かけることである


武道のほうで言う「残心」という言葉

闘う前と闘う最中の心構えと 闘い終わったときの

心構えに いささかの差別があってはならないという戒めなのである


すなわち 闘い終わったときも闘う最中と同様

かりそめにも安易に心を緩めるなかれということなのである

特に勝利を克ち得た時は 特にこの心構えを厳重にすべしと戒めている



なぜならば 誰でも勝利を得ると 勝った!という得意感=安心感

が即座に心に生ずるものである

すると同時に心の心の構えに緩みが生じるからである

この隙というのは 心理的にいうと 『放心から生ずる有意注意力の欠如』

という心理現象なので この心理現象が精神生命の内容に発生すると

心のもつ応変(変化に対応する)可能な自在性と言う大切なものが委縮される



これもとどのつまりは精神生命内に存在する 一種の報償作用なので

そうなると当然 心の働きが委縮的になって さらに心身相関の結果として

自然と肉体の活動も消極的な束縛を受けることになる



すなわち 武道のほうでいう体くずれ または構えやぶれという状態になる

だから『残心』というのは 事前事後いかなる場合にも隙を作らぬように

心を備えて持てということなので いいかえると 古諺(昔のことわざ)の訓える

「終わりを慎むこと始めのごとくあれ」というのと同様のことなのである



したがって ここで最も正しく理解せねばならない肝要な点は

この『隙を作らぬ心=残心』の心構えとはどんな心構えなのかということである

この心構えの実際の状態がはっきりわからないと 心の備えということが

言葉や文字で一応分かったように感じても 真実なものを実感的に心に

杷握することはできない



しからば『残心』という心構え=隙を作らぬ心構え 換言すれば

隙のない心こそが本当の心の構え方だという その状態とは

そもそもいかなる状態かというと すなわち終始一貫同一不変の平静の心

古語にいう『一以貫之(ひとつの心でこれを貫け)』というのと同様の心構えである

これを禅の方では『大定心(だいじょうしん)』という

これをわかりやすくいえば『大定心』というのは どんなとき

どんなことにもいささかも動揺せぬ心 いいかえると いかなる場合にも

怯じず 怖れず 急がず 焦らず いつも淡々として極めて落ち着いている心なのである



これをもっと適切な状態でいえば 『何事もないときの心と同様の心の状態』である

あの古い句で有名な『湯上りの気持ちを欲しや常日頃』というのが 

この心もちを最も真実に形容表現している

要するに何事もない時の平静の心こそ 大定の心なりということである



英語の名言集の中に”You had better to be pretend to be happy when you are blue."

(不幸なときこそ 幸せに振舞え)というのがあるが 

これも失意のとき 心に落差を作り出さないと言うことである

言い換えれば 心を無波動的にして それを平常心とせよという言外の意味のある

言葉としてよいと思う



悪い習慣をつけぬようにすることは 悪習慣を破ることよりやさしい




超然として天に任せ 悠然として道を楽しむ

靉然((あいぜん)雲がわきいでるさま)として人に接し

毅然として節を持す 厳然として自らをつつしみ 

泰然として難に処く(おもむく)

・・・これは中国革命の大志士で孫文から示教された六然訓句・・・



We must be most careful in life not to be off our mental guarding

still more at the time of our best days.


新箴言14より









[PR]
by florence18 | 2014-07-07 19:16 | *how to 6

新箴言13 神経系統を

事実において 神経系統の作用に万一不調和が生ずれば

生命エネルギーの教授もまた配分も 一切がその調和を欠如してくる

したがって他の合理的な養生法や健康法を実行しても

肝心の神経系統の作用が不調和になると コイルの配列に

不完全をきたしたモーターにいくら良性の潤滑油を注入しても

またその他の手入れを行い さらに強力な電流を通じても

規定通りの良好な回転は具現しない

(はっきりとわかる形で現れること)のと同様である


ただし モーターのコイルの調整作用はモーター自身には存在していない

人間の生命の中でコイルに該当する神経系統は 精神態度が

その作用を妨害しない限りは 神経系統 それ自身に自然的調整作用がある

そしてその最も理想的な精神態度とは 精神の絶対安定した状態をいうのである



要するに天風教義の真髄たる心身統一の先決問題に 精神態度の

積極化を力説するゆえんもまたここにあるといわねばならない



これがあるゆえに ますます銘心堅固に(心に刻みつけしっかりと定めて動かないこと)

天風教義を実践されて宇宙真理に順応し 正々堂々健康と運命の勝利者として

その現実を発揮されんことをあえて心より推奨する



Anyone who holds a positive attitude of mind toward

his life will always be the victor in his health and fortune,

and without this attitude he will be defeated.


箴言13より




[PR]
by florence18 | 2014-07-07 19:05 | *how to 6

瞑想としての仕事/Work as meditation

あなたの気分がすぐれず仕事をしていても

いい感じがしないときには仕事をはじめるまえに

5分だけ深く息を吐き出しなさい。

吐く息とともに、あなた自身の暗い気分を

投げ出していることを感じなさい

すると、あなたは5分もしないうちに突然正常に戻り低調な気分は消え

もはやそこには闇はないのにびっくりするだろう

もしあなたが自分の仕事を、瞑想に変えられるとしたら

それが最もよいことだ

そのときには、瞑想はあなたの生と衝突しない

何をするにせよ、すべて瞑想的になりうる

瞑想は分離したものではない

それは生の一部だ それはまさに呼吸のようなものだ

ちょうどあなたが息を吸い込んで吐き出すように瞑想もそのようにする

そして、それは単に”強調点の転換”にすぎない

何もたいしてなされるべきことはない

不注意にやって来たことを注意深くやりはじめる

あなたが、ある結果のためにやってきたこと

たとえば、お金だが・・それはOK、が

それをあなたはプラスの現象にすることができる

お金はそれでよろしい、もしあなたの仕事がお金を

もたらすとしたら、それはいいことだ、

人はお金を必要とする が、それがすべてではない。

そして、その傍らで、さらに多くの満足を得ることが

できるとすれば、なぜしない? 費用はまったくかからない

あなたは自分の仕事を愛しているかどうかに関係なく

やっているそこで、ただ仕事に愛を持ち込みさえすれば

さもなくばのがしたに違いないさらに多くのものを収穫するだろう

the orange book
[PR]
by florence18 | 2014-07-02 10:30 | ★Osho

ナイチンゲールの名言

今年で30歳になる

キリストが伝道を始めた歳だ

もはや子供っぽいことは終わり

無駄なことも、恋も、結婚も



* * * * * * * *



私たちは、自分が誉められるためにではなく

私たちが選んだこの仕事に名誉をもたらし

それを前進させるために

心を打ち込んで事を成し遂げていこうではありませんか




* * * * * * * *


人生でもっとも輝かしい時は

いわゆる栄光の時でなく

落胆や絶望の中で人生への挑戦と未来への完遂の展望が

わき上がるのを感じたときだ






フローレンス・ナイチンゲール

[PR]
by florence18 | 2014-06-30 11:07 | *moving words

感じる/feeling

あまり考えず、もっと感じなさい。

あまり理知的にならず

もっと直感的になりなさい

思考はきわめて欺瞞なプロセスであり

あなたは自分が大したことをやっとぃるような気になる

だが、たんに空中に城を築いているにすぎない

思考は空中楼閣にほかならない


感じることはもっと具体的であり、もっと実体がある

それはあなたを変容する

愛について考えることは助けにならないが

愛を感じることはあなたをかえずにはおかない

[PR]
by florence18 | 2014-06-27 09:43 | ★Osho

たとえ明日世界が滅びようとも

たとえ明日世界が滅びようとも

りんごの木を植えよう

明日自分の命が終わってしまうとしても

今日すべきことをやり続ける

誰か評価してくれなくても

自分のすべきことをする


『死は人生の終末ではない

生涯の完成である

希望は強い勇気であり 新たな意志である



たとえ明日世界が滅びようとも 

りんごの木を植えよう』


マルティン ルター



[PR]
by florence18 | 2014-06-25 12:51 | *how to 6

静かでない世界においても心は静かで

静かな世界において静かでありうることは

誰にでもありうることなんだ

静かでない世界においても心だけは

静かでなければいけない



ところが大むね 多くの人々は身体がうるさい

せわしい あるいは人が自分に意地が悪いとか

人が自分に冷たいとか人が自分に薄情だとかってぇと

すぐにそれを自分の心の中に取り入れて

そして自分の穏やかであらしめなきゃならない

心の中に波を立てている


そう言う心持ちで生きている限り人生に

本当の幸福というものは感じられない

感じられないだけならまだいい

必ずやそう言う人には健康難なり運命難なり

容赦なくその人生をおびやかしてくる

そうなったら人間哀れさんたんたるもの

生きがいのある人生ってものを

瞬間瞬間に味わえないもん

だからそうあらしめないために

私の心身統一法と言うものはできている



[PR]
by florence18 | 2014-05-28 18:34 | *how to 6


不安や悩みや病気を乗り越えて スパラシキ人生*にするための方法を書いてます。


by florence18

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

メモ帳

Copyrightⓒ2014
florence
All Rights Reserved

ブログランキング・にほんブログ村へ

カテゴリ

全体
*wonderful life はじめに
*Tenpu Nakamura 中村天風
*contents 目次
*how to 1
*how to 2
*how to 3
*how to 4
*how to 5
*how to 6
*moving words 感動した言葉
*books お薦め本
*work
*food
*health
*exercise
*my profile
*my diary
*others
*Yogananda ヨガナンダ
*Osho
*The celestine proph

タグ

(133)
(107)
(90)
(53)
(42)
(10)
(9)
(9)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。