<   2014年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

新しい糧 ジイド

改造すべきは たんに世界だけでなく 人間だ

その新しい人間は どこから現れるのか?

それは外部からでは決してない

友よ それを君自身のうちに見いだすことを知れ

しかし鉱石からかすのない金属をとるように

この待望の新しい人間に 君自らなろうとせよ

きみからそれを得よ

君があることのものに敢えてなれ

いいかげんで安心するな

各人のなかには驚くべき可能性があるのだ


君の力とお前の若さを信ぜよ

たえずいいつづけることを忘れるな

ぼく次第でどうにでもなるのだ


ジイド
[PR]
by florence18 | 2014-08-27 18:50 | *moving words

哲人哲語 序

人間の完成は ただその完成をもたらすに十分なる生活を

することのみによって達せられるという平凡な原理私は

闘病生活のうちに体得したのであった。


一例を手習いにとってみてもすぐにわかることなのである。

手習いは書の上達を目的としてなされる


そして現に手習いをすれば書は上達する

しかしそれは手習いしつつ上達しつつあるのであって

手習いしている間は少しも上達せず 手習いをやめた瞬間に

こつ然として上達するわけではない

すなわち手習いなる修は 上達なる証そのものに他ならないのである





天風先生の説かれる哲理を単なる知識として脳裡に貯蔵する

だけでなく 直ちに生活の上においてこれを実践に移すということである。

ひたすら実践するということである



岩松三郎
[PR]
by florence18 | 2014-08-27 18:44 | *how to 6

継続的な努力

瞑想は、断片的であることはできない。

それは、継続的な努力になるべきだ。

すべての瞬間に人は注意深くなり

気づき、瞑想的になるべきだ。

    
しかし、マインドは、トリックをしかける。

 あなたは、朝に瞑想する、そして、それを脇に置く

 あるいは、あなたは、寺院でお祈りをする、そして

それからそれを忘れる。

それで、あなたは、世間に戻って行く

完全に瞑想的にならず、あたかも無意識で

催眠の睡眠の中にあるように歩く。

この断片化された努力は、多くをなさない。



意識は連続体だ。それは、絶えず流れる河のようだ。

もし、あなたが一日をとうして瞑想的であるならば

すべての瞬間にそれがある。

そして、あなたが一日をとうして瞑想的であるときのみ

 あなたに開花が訪れる。
[PR]
by florence18 | 2014-08-27 18:28 | ★Osho

新箴言30

反省ということは 自己自身を正しく進歩向上せしむる

人生の最良なる要諦である



『人間が生まれながら賦与されている可能力なるものは 極端な例は除いて

その煥発の方法が合理的であれば 正に驚異に値する高度なものを

発現するものである

ところが現代の文化人は この尊厳なる真理と事実に対して

情けないほど無自覚で いささかも自己の可能力を煥発しようとしないで

“やれ自分はこのことは苦手だ”とか あるいは“いくら一生懸命にやってもできないのだから

このことは自分の性に合わないのだ”とか また中には“人間にはそれぞれの

生まれつきというものがあるから 能力もまたそれにしたがって差があるのが

必然だ”と さもそれが何らの間違いのない正論のように自説に固執して

真理から断定すると むしろわらうべきほど陳腐でずさんな曲論や独りよがり

のこじつけの駄説を蝶々として(よくしゃべるさま)のべて 自分を弁護しようと

する人が多い



そしてその種の人々に限って自分の能力全体量の半分も使っていない

すなわち自己の可能力をフルに使っているつもりで 実はせいぜい

その四割内外しか使っていないのである』


人間の本来の面目を説法したとき 人の本来の面目は創造的なものである

そのゆえに人間が万物の霊長としていっさいの生物を凌駕して優秀なる

能力を 生まれながらにして賦与されているのはこれがあるがためである

しかし特におろそかにできないことは その賦与量はいささかも差別のない

公平なものである

そしてこれぞまことに侵すことのできない宇宙真理なのである
、と説破した。



したがってこの一事を考量されても あえて他言するまでもなく

自己の現在使用している能力に対する反省が厳格に行われて

その是正が確実に施されるなら いっさいのすべてはことごとく可能に転換され

収握されることも(自分のものとする)また必然自明のことと監督されると信ずる



事実において 反省なき人生に活きる人が多くなればなるほど この世の

進歩も向上も不本意ながら往々にして空転に終わるべく余儀なくされる




それゆえ機会あるごとに反省の要を自己が実行することはもちろん

縁のある人々にも説示して 世の人々の人生に正しい光明を

点ぜられんことを心より熱望する次第である




Reflection is the best meas of life to advance

and improve rightly ourselves.



[PR]
by florence18 | 2014-08-12 19:47 | *how to 6

新箴言29 

心身統一の達成を志すものは感応性能の積極化ということには

限度がないということを忘れてはならない



心身の統一法とは 適者生存(人間が人間らしい生き方をすること)の真理に遵い

心身一如の新事実を現実化し 人生に欠くべからず健康と運命を確保し

再度繰り返すことのできない我々の人生を 事実生きがいのあるものとし

その全生涯を如実に有意義にすることを終始一貫その全目的としていることは

われら天風会の全会員が知り尽くしているところである



そしてその根本原則として 心と身体を統合する唯一の中枢たる

神経系統の生活機能を極めて順調に作用させることが その第一の要諦であるということ

しかもこの目的を現実にするには 何をおいても精神生命の生存を厳として自然法則に

のっとって処理することがその先決的要訣であるということ

またさらに精神生命の生存を自然法則に則って処理するということは

換言すれば 精神生命の本然に即応して いかなる場合 いかなることにも

その心的態度をあくまで積極的に堅持してかなければならないということ

これらはみなさんには敢えてよけいな言葉を言わなくても 理解していると信ずる




過去の話ではあるが 終戦前に兄弟2人で入会し 相当熱心に来会しているうちに

兄なる人の方が『俺はもうすっかりわかって完全に卒業したから そうちょいちょい

行かなくともよい』と弟の誘いにも応じなくなった

そしてふとした感冒におかされたのが原因で結局急性の肺炎でついに落命してしまった


後日その当時の看護の人々の話によると 感冒のための発熱の際など 神経過敏になり

看護の人々も呆れたほど心の弱さを暴露していたとのことであった



これは古い仏道の説教の語句の中にも厳しく戒めてある通り

『悟れたと思った時が迷いなり』というのに該当する



というのは 人生には もう完全に理解したとか あるいは卒業したとかいうことは

ありえないのである。否断然あり得ないのが人生である。

否 否 人生とはそんな単純なものではないのである




『いきぼとけ』とも言われた禅家の名僧であった石川素童師すら

65歳のときに天風会に入会したとき 素童師より20年も若年であった筆者が

『貴僧はすでに悟入徹底の方とお見受けするが 何の必要があって 後輩者の説を

聴こうとされてるのですか?』と質問したところ

素直に『悟入徹底未だし いわんや説法の実行に於いてをや』

さらに『人生と言うものはなかなかもって悟れるものではござらん』としみじみと

言われて亡くなる間近まで熱心に聴講されていた


その真理に対する謙虚な態度は 演檀上から思わず合掌したい気持ちにしばしばならせれた

という 私には価値の高い思い出がある

そして私の降壇後 親しく私の傍らに来られてうやうやしく合掌礼拝されて

『今日もまたありがたいかな。煩悩心が洗われました』

と心の底から感謝されるには 当時まだ若輩だった私は 思わず内心忸怩(じくじ)たるものを

(恥じ入るさま)しばしば感じ いっそう自己の研修心に拍車をかけたものである




事実において こういうえらい人というものは 決してできたとかあるいは徹底した

とかいうことを かりそめにも口にしない



およそ人生道に果てしないということを充分に悟られているからで それもこれも

要約すれば 前掲の箴言に記載のとおり 人の一番大切な心の働きを左右する

『感応性能』なるものが その積極化を強要する点において 何らの限度がないからである



換言すれば 久却永遠の宇宙生命と相対比例の下に まことにそれは

脅威に値する無限的な存在以上の実在があるがためである



さすれば 普通の場合 ともすれば忘れがちな人生の大消息を思いを新たにして

さらに心に受け入れ さらにひとしおの努力に鞭打って 感応性能をいやが上にも

的確に把握することのできる人生の幸福をわがものにしていこうではないか








If you aim at the achiebement of unifying your mind and body,

you must not forget the fact there is no limit to making your

susceptibility positive and constructive.
[PR]
by florence18 | 2014-08-12 16:07 | *how to 6

新箴言28 人の世のために

人は自己のために活きると同時に

また常に 人の世のために 活きることを忘るべからず


『理屈は充分理解して『わかって』いるが なかなか人の事にまで

手が延びぬわ』などと平然と言う人すらある



その当時の私は人のことを考える気持ちなどいささかもなくらいに

自分の病苦に苦しんでいたものだから『病が回復してから

人のことを考えましょう』と平然としていったものである


すると『現在でも考えられるじゃないか?』

というから 『現在そんな余裕なんか私の心にありません』

といったら 『君は情けない人だね、自分がやるせない病苦を感じたら

こんな苦しみを他の人が感じたらどうだろう?さぞ辛いことだろう…

でもこの苦しみを自分だけで味わっているのがせめてもの幸いだと

思えないかね… いいえ!そう思うような人間らしいゆかしい他愛心が

心に燃えてくるともっともっと早くその病も回復するのだがなぁ』

と熱意を込めていわれたとき はっと私はなにか厳しいものを心に感じた




それもそのとき以前の私なら あるいはその尊い言葉を一笑に付して

何ものも感じなかったかもしれない

詳しくいえばそのとき以前の私は医科学のみを先攻したしただけに

心の態度と自然良能の密接な関係などどいう物質科学以上の

純粋科学のあることを認識していなかったからである

しかし幸いにもその言葉を耳にしたときは 物質科学以上の純粋科学に

ようやく目覚めかけていたときだけに すなわち科学的迷妄に相当の

自覚を感じていたときだったから 実際はっと大きい手ごたえを心に

感じたものである



であるからそれからというものは 同じ痛みでも苦しみでも

これが自分ひとりのくるしみであり 痛みであるのがせめてもの幸いだ

この老人にもしこの苦痛があったら さぞや可哀想であろうと

私の傍らに日ごろ親しく近侍している老爺に思いやりの心を

かけるように発心して以来 まったく不思議なほど

苦痛も軽減してきて 回復度も目に見えるようになってきたのである

そして今更精神態度の生命力に及ぼす実際を事実に体験させられて

驚いたものである




しかし諺にもいうとおり 事実が最後の証明者である

まったく一事が万事のたとえのとおりで こうしたことが

反省のきっかけとなって 心の態度の改善に心がけて以来

今やまさに誇るべき健康美と運命境に恵まれるに至ったのである




そしてひたすらに自分の幸福を思うにつけて 人々の幸福を

思わざるをえない思いやりの心情が自然と私の心に湧き出てきて

この聖業を思い立って以来現在に至るまで おかげにも半世紀にわたって

人の幸福のために 堂々としていられるという至幸至福の日々を送りえている



それだけに皆さんにおいても 要はこの箴言にあるとおり

もちろん自己のために活きる方策や方法に努力する必要はないがしろに

できないが と同時に常によきにつけ悪しきにつけ 人の世のため

人々の幸福を考えて いいかえれば思いやりの心を豊かに

自分の心のものとしてほしい

他の人々もあなたと同様に尊い生命に活きているのであるから












Man should not forget that while

he lives his life for his own interest,

he must live always for the benefit of society.




[PR]
by florence18 | 2014-08-08 19:18 | *how to 6

中心 ハラセンター

中心が定まっていることはとても重要だ


さもなければ、人は分裂しているように感じ

ひとつにまとまっていない。彼はジグソーパズルのようで

すべての断 片は統一がなく、全体ではない

それはよくない状態だ


なぜなら中心が定まっていないとき、人は引っ張られるが

愛することはできない。中心が定まること なしに

あなたは人生において習慣的にものごとをやり続けることは

できるが、決して創造的にはなれない



あなたは最小限に生きる。最大限に生きることは

あなたには可能ではない。中心が定まって初めて

人は最大限の、絶頂の、最高の

クライマックスの生を生きる。そして

そんな生だけが「生きる」ことであり

また、「真実の生」だ、ということができる



中心/センターが定まると

考えることはしだいに少なくなってくる

なぜならエネルギーは頭には動かず

ハラに行くからだ。そこに集中すればすれほど

あなたは 自分のなかに規律ができてくるのを感じるだろう

そしてそれは自然にやって来るもので

決して無理やり押しつけられたものではない



ハラに気づくようになればなるほど

あなたは生と死をあまり恐れないようになる

なぜならそれは生と死のセンタ−だからだ

一度、ハラセンターに調子をあ わせるようになると

あなたは勇敢に生きることができる

そこから勇気が湧いてくる

考えることはより少なくなり

沈黙がやってくる

制し切れない瞬間は 少なくなり、自然な規律と

勇気、根付いている感覚

しっかりと地に足が着いている感覚がやって来る





osho




[PR]
by florence18 | 2014-08-08 17:15 | ★Osho

執着

私たちはいともたやすく執着し、何にでも執着してしまう

生は流動であり、何ひとつ同じままにとどまるものはないが

私たちはそれが同じままにとどまるように望み、期待する

世界にこれほど多くの欲求不満があるのは
私たちの期待のことごとくが満たされていないからだ



期待は惨めな結果しかもたらさない

執着とは何かにしがみつき

それが永遠に続くように願うことだ

それはありえないことを求めることだ
[PR]
by florence18 | 2014-08-08 15:49 | ★Osho

ただ星をみつめて

夜は星々でいっぱいだ。

地面に横たわり、大地の中に消えて行きなさい。


私たちは大地からやって来て、いつの日か永遠の

休息のために大地に戻って行く。夜、ときには、

芝生の上に横になり、大地の中に消え去りなさい。


星々を見つめなさいーーただ見つめ、純粋に見つめなさい

星の名前、星座の名前を考えはじめたりしてはいけない

星について知っているすべてのことを忘れて

自分の知識をすべて脇に置いて、ただ星を見つめなさい

すると突然、コミュ二オン・霊的交感が起る



星々はあなたのなかにその光を注ぎはじめ

あなたは意識が拡大してゆくのを感じる

これは、どんな麻薬・ドラッグにもできないことだ

麻薬はきわめて人工的な、手前勝手な、有害な方法であり

しかもそれによって知ることができるものを

私たちは自然に、簡単に

恵みとして手に入れることができる

ただ星を見ているだけで、あなたは高揚感を覚え

高く飛翔しはじめる



osho


[PR]
by florence18 | 2014-08-08 15:46

喜びに満ちて

あなたはできるかぎり喜びに満ちていなければならない

人々を救うのは悲しみではなく喜びだからだ

あなたは明るくなければならない

この悲しい世界にあっても楽しめるということを

人々に知らせる必要がある


osho

[PR]
by florence18 | 2014-08-08 15:36 | ★Osho


不安や悩みや病気を乗り越えて スパラシキ人生*にするための方法を書いてます。


by florence18

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

メモ帳

Copyrightⓒ2014
florence
All Rights Reserved

ブログランキング・にほんブログ村へ

カテゴリ

全体
*wonderful life はじめに
*Tenpu Nakamura 中村天風
*contents 目次
*how to 1
*how to 2
*how to 3
*how to 4
*how to 5
*how to 6
*moving words 感動した言葉
*books お薦め本
*work
*food
*health
*exercise
*my profile
*my diary
*others
*Yogananda ヨガナンダ
*Osho
*The celestine proph

タグ

(133)
(107)
(90)
(53)
(42)
(10)
(9)
(9)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。