カテゴリ:*how to 2( 11 )

2- カテゴリー2のまとめ

宇宙のエネルギーが人間の心と通じている

そのエネルギーを多く受け入れるかどうかは

その心の態度にかかっている

多く分量を受け入れるためには宇宙の本質に従う




日常の心がけ

◎常に明るく朗らかにどんな時でも積極的な心の態度を忘れてはならない

何があってもどんな時でもハツラツと元気で




◎宇宙の心と同じ 真と善と美(誠と愛と調和)の心で




◎進化と向上に努力する




◎世のため人のためになるようつくし 

霊性満足(*世のためひとのため

自分のためだけじゃなく人の喜びを自分の喜びとする

*人の世のためになる言葉やおこないを義務としないで

人生の楽しみにする

*言葉やおこないで人の心を幸せにする)を

生きがいと感じられるようになること

それを本当の人生の生きがいとすること




◎習慣として何でもいいから 感謝と喜びで

人生を考えるよう習慣づけよう




◎何かあったら『気りかえる』癖を持つ






[PR]
by florence18 | 2014-02-22 20:52 | *how to 2

2-⑩心の思い方

積極的 生命を運営する全神経系統の作用が

極めてリズミカルになる

調和ある波動律を作ってくる

そうすると全生命が自然と良い調子になってくるのが

当たり前じゃないか

こいれも神経の全体は心の支配を直接間接に

受けて作用しているから




人間の心が宇宙主体の創り主である宇宙根本主体と

自分の生命の本体たる霊魂とを合流せしめている

サーキットになっているんだもん

だからサーキットの状態の良し悪しが

宇宙の持つエネルギーを受け入れるのを完全にするか

完全にしなきゃ すぐそこでもってその相違がくる

ということを考えられやしないか



宇宙霊の中には人間の推し量ることのできない無限大の

霊気と言うものが宇宙根本主体によって

しょっちゅう働かせられているということ

ただ自分が座っているところは座っているところで

そこに整然たる秩序を持つ 一糸乱れぬ自然法則という

霊妙な霊気を働かせている

宇宙霊が自分の生命を支えてくれているんだということ



我々が寝ているときも この宇宙根本主体は決して休みません

生命活動の連続なんです

この休まない生ける世界の中に我々は生かしてもらって

休ませてもらってそしてこうやって生命というものを

味わわせてもらっていることを忘れちゃいけない


健康や運命を美化転化したかったら

まず心の思い方 考え方を美化転化しなさい

ちゃんとこういう厳粛な因果律が人間世界にあるんです






[PR]
by florence18 | 2014-02-10 20:32 | *how to 2

2-⑨強い命を作るには

そもそも強い命というものは 要約すれば 

『健康的や運命的な方面に受けるいろいろと

複雑な刺激や衝動をいつも完全に克服し

終始 ハツラツとした 積極的な頼もしい

強い状態でしかもその命が長く生きられる』

と言う命の状態を指しているのであります



生命を正しく処置するのには 肉体を考えるのと同時に

心も考えると言う 即ち心身一如の考え以外には

絶対に他にないのであります



本当に強い命を作りたいと思ったら 肉体に施す手段や

方法を全然不必要だとは申しませんが それは第2にするべきです。


即ち 何よりも第一のいわゆる先決的手段は

精神生命に心というものの人生態度というものを

生命に始まる宇宙真理に合致するよう

是正せねばならないのです



東郷平八郎ーいた布がこの病の特徴でごわすか!

と言われ なんとその後亡くなられるまで一言も

痛いと言わなかったのです

『お痛みですか?』と医者が言うと

『痛むのがこの病の特徴でごわす…しかし天風さんのおかげで

元気でごわす』

・・・難病におかされて尚且つ医者の思っていたよりも

長く生きられたのも 病に対する積極的な心

即ち 病苦に負けない心的態度が然らしめたと

言ってもあえて過言ではありません



心的態度が病に負けない積極的なものであると

病の治癒力=自然良能というものが

すこぶる旺盛に発現することになるがためであります

運命に対してもまた同じである



完全な健康体でないといつなんどき病的現象が

生ずるか分からない(運命的なアクシデントも)

絶対にその場合 心の力を落としてはならないのであります

心の力が低下したら健康上の戦いや 運命上の戦いに

自ら白旗をあげて降伏したのと同様のことになる



人間の生命維持の三大条件をおこなう五臓六腑も

自律神経が操り人形に対する操り糸と同様の

役割をおこなって 各臓器に脳髄腑から送られる

動力作用を与えている

脳髄腑とは心の働きをおこなう本府であります


そこでどんな時にも心の態度を積極的に

堅持するには 第一にどんな場合にも

まず元気を落とさずに努力することである



そしてこの心がけを中断することなしに努めて

継続することに熱心であると 人間の精神機能の中に

存在する習慣性能と称する特殊のものが

段々とどんなときにもいつでもげんきであり能う(あとう)

ようにいわゆる習慣は第2の天性という格言の通り

その人䌂を元気そのもののような頼もしい人間に

作用するのであります



しかるに この微妙な有りがたい自然作用が

人間の心に与えられてあるものにもかかわらず

多くの人々は 概ねの(おおむね)場合

何事か不慮の出来事が健康的 運命的に発生すると 

そういう場合 他人のことなら兎に角

自分の問題である以上 いくら元気を出そうと思っても

どうしても消極的になってしまうのは是非もない

否 そうなるのが人間の通有性だ…

その証拠には普通の人間はみなそうなのではないかと

全然間違った価値のない弁解や同情を自分に

おこなって それを少しもエラーだとは

気付かないのであります

即ち 正しい考え方のように 誤りを考えているのであります



いずれにしても そうした誤解を正解だと誤解して

当然のことのように 元気を落として心を消極的にすれば

自律神経も中枢神経も同時にか弱い低姿勢になってしまうのであります


だからとにかく理屈や事情は第2として まず常日頃

もっと如何なる場合にもハツラツたる元気を持って

対応する習慣を心につけることです。

それには心して心をできるだけ明るく朗らかに

活き活きとして勇ましく堅持することを心がける

ことが必要であります




心が思うように爽やかでないときは 必ず消極的な

感情情念が心の中にある

即座に新規転換強行して(統一法で)

その消極的感情情念と心の係り合いを

除去することに努力すべきであります



そうしないと いくら元気を出そうと思っても

心の平安が破られるので断然不可能になるという

価値のない結果が招来されるのであります




少しくらいの肉体の故障などは心の持ち方で

元気のある積極的な状態になれば極めて

短時間内に快くなりますから



一度でもこういう事実を経験しますと

私の話を無条件に受け入られることになり

今後のあなた方の人生に形容のできない

幸福を感ぜられると確信します。






[PR]
by florence18 | 2014-02-09 16:59 | *how to 2

2-⑧積極的でいるために

積極的でいるために

◎第一に心を強く持つこと

否定的な気持ちを持たないこと

万物の霊長たる自分人間の生命に与えられた

”天ぶ”というものが発現できない場合はないんだという

信念!これが必要なんであります



信念を自分の心に持たせるのと持たせないのは

どれだけ結果が違うか

どんな場合があっても 自分を否定してはいけないので

あります。

準備ができてなくて仕上げが完全であるはずがない。信念。

おのれの心の中にあるのは 明るく 朗らかにすることのみ

消極的なことは追い払う

鏡が曇っていたらうつりません

それと同じように少しでも消極的なものがあったら

心の鏡を曇らせることになるので 心をせいさして鏡をキレイにする



◎第2は 他に人の消極的な言葉やおこないを同化せしめないこと




◎第3者の不幸や病に対し 相手と同様に悩んだりしない

悩むと不幸×2になってしまう

同情することは尊いけども 勇気づける 鼓舞する(奨励する)

鳥越苦労をしない(百害あって一利なし)自分の命を削る

大きな損失 本心良心にもとった言葉やおこないをしない

誠心誠意でことにあたる



平素 常に明るく朗らかに活き活きと どんな時にも


絶対に消極的 悲観的 否定的な言葉 (気分)は使わない

(このどんな場合にも、と言うのが重要)

どんな場合があっても不平不満を言わない

不平不満がある人は 上ばかり見て下を見ない

未練 愚痴…etc 自分だけを不幸だと思ってしまう

これでは積極的にはなれない

どんなことがあっても感謝を先にする




病があろうと不運があっても感謝と喜びに振りかえる

原因あっての結果。生きる上で誤りがあっての結果

天には言葉はありませんから事実を持って

あなたがたに求めるのであります。

万物の霊長としての生き方をしてない

さりとてせっかく生みつけたのに その資格がないから

その資格を取り上げるのはかわいそうだから

お前の生き方には間違いがあるから病を下さったのだと

自覚しないさい。



不運がまたそうなんだ。

大きな恵みなんだ。

苦やんだり嘆いたりする暇があったなら

積極的に置き換える

自分の心の置き方を変えればいい








[PR]
by florence18 | 2014-02-08 13:15 | *how to 2

2-⑦心の態度が人生を創る

少しでも心の態度が崩されて そして消極的になってしまうと

たちまち宇宙のエネルギーの持つ創造の力は

その心のとおりに消極的になってしまって

そして人生を極めて惨めな暗黒なものとしてしまうのだと

いうことも理解されたと思う


今度は積極的な思い方や考え方を取り直して作られると

もう パッとそれらすべての闇が消えてたちまち光り輝く

尊い命というものが現れてくる

消極的思考の発生してきたことをいたずらに悶えたり

残念に思う事をやめなければいけないんだよ


もしそういう気持ちが出てきた時にも 言い換えれば

断然そんなことには関わり合いをつけないことが一番いい。


ただ一心にその反対の積極的な思考のみを心の中に

持ち込むようにするんだよ

それは耳にいろんなことが聞こえてきても聞こえてくることには

関わり合いをつけないで ただ1つシーンとした

無声の世界に心を置いて 無念無想の方へと自分の心を

誘い込むような気持ちになればいいわけだ。



・・・先生あんなことを言ってるけど なかなかできないんだ・・・

消極的な思考が心に出た時に関わり合いをつけないで

積極的な思考を簡単に心に持ち込む第一の秘訣は

一言で言えることがあるんだな。

『現象の背後に実在あり』という真理を真剣に考えればいいんだ

目に見えるさまざまな事柄の中には目に見えない 

しかも永久に目に見えなくてもなくならない宇宙霊があるということなんだよ

そもそもこの宇宙霊というものはあらゆるものを完全な姿で

あらしめようとする誠に尊いものなんだ。



人間と言うものは肉体でもなければ 心でもなく

その心 肉体を働かすモト 気体が本当の正体なのだと

いいました。


それでこれはひとつの気体なんだから 気体と言うものは

理屈なし。いつの時代が来たってほろびもしなければ腐りもしない

絶対に完全なんだ。

だからこの絶対に完全な気はどんな場合にも不完全なものや

不完全な事柄を心に思わせるはずないんですよ。



思わせるはずがないのに 心の中に結局完全でないものを

持っているから 心が消極的になっているんだからね

完全なものを持っていて心が消極的になるはずないもの。



完全な心の中には そんな心が起こる道理がないんだ

それがそうなっている時に 一番先に気がつかなければならないのは

『これは俺の本当の気持ちじゃないぞ。俺の心に考えせしめている

事柄ではないらしいぞ。現在俺の心がそうなっているのは

これは ははぁ 肉体なりあるいは心のほうから来る反射神経が

気体の働きを妨げて 心の中でもって ばっこしだしたんじゃ

ないかということなんです』



仮に煩悶や悲しみや恐怖や怒りというようなくだらない

思いや考え方が発生したときには それに同情しないで

本当の心ではないんだと 本当の心が思っているのではないんだと

だからこんな心を承認して自分の心の中におらしめることは

絶対に許さないとまず自分自身が自分自身に対してもっと

厳格でなければいけないよ



もっと実際においてこの今聞いたことは

やはり習慣 第2の天性でもって ある程度慣れる必要があります。

だから慣れきれないと時とすると大変難しいもののように

感じることにあるに違いないと思うけれど

しかしこうした手段で自分の誤れる心の働きを

コントロールしてやることにだんだん慣れてくると

ありがたいことには 積極的思考のみを肯定していく

ような心ができてしまうんだよ



積極的な思考のみを肯定していくような心がけになるというと

もう消極的な思考が出そうになっても花咲きませんよ



これはありがたいことに習慣性能という特殊な

性能が人間にあるがためなので。



だから心がけなければいけない

心がけさえすれ次第次第に私のように

心は正当な状態に成長していくからそうするとだんだん

厳然と真理の中で生きていかれるようになるわけだよ



自分の心が正当な状態に完全に成長してしまうと

その心それ自体が私たちを自由と平和の中に生かしてくれる

心の中に在来あった弱いもの ゆがめるもの

煙に消えてしまうようになくなってしまう。



そして宇宙の尊いエネルギーを存分多く受け入られるような

それはもう何とも言えない 嬉しい生命がそこに出来上がるわけだ



真理を聞かされているのに 生き方は真理の外で

生きたのでは何にもならない

だから できるできないは第2の問題として

どうしてもそういう人間になるんだ!

夢にも真理の外では生きないようにするんだ!

と言う気分を出しなさい。


どんな場合があっても『現象の背後に必ず実在あり』

ということを忘れないように

私なんかはどんな場合があっても忘れないから

どんなことがあっても私の心は同点しないわけなんです。



この宇宙霊(=気体 エネルギー)こそ絶対の実在である

実在と言うものはいつまでたってもなくならない

実在は永久不変のもので この世に1つしかない

あとはみんな存在なの。

体も存在。その代り霊魂と言う気体は実在なの。

いつまでたっても死なない。 ひらすらにその霊と言う気を

本位とした人生に生きて 絶対的な宇宙霊という先天の一気と

常に結びついていくという尊さを心がけよ。







[PR]
by florence18 | 2014-02-07 11:44 | *how to 2

2-⑥人生と運命

宿命を統制して活き 天命に安住すること

宿命を統制するには常に正義を実行し

運命を選ぶ法則を自覚することである


即ち正義を実行すると

それが自然と運命を選ぶ法則に合致する

そして人間の本質である『気』を汚さぬことになる



即ち正義の実行 即ち本心良心の命ずるままに

活きることである



静かに我が心に憎しみはないか、怒りはないか

悲しみは… 悶えは… と問うてみよう

少しでも消極的な気持ちが心の中にあるならば

それは自分を宇宙根本主体から遠ざけてくだらぬ

宿命を招きよせる種を蒔いているのと同様の人だ




宇宙には因果律と言う法則が厳として存在している

だからそういう心持でいる人はいつまでたっても

本当の安心立命は来ない

主命統制にもうひとつ必要なことがある



常に感謝と歓喜の感情を持たせるように心がけることである

習慣として何でもいいから感謝と喜びで人生を考えるよう

習慣づけよう


そしてどんな場合にも たとえ身に病があろうともなかろうが

運命が悪かろうがその心の力で 苦を楽しむの境涯に活きる

活き方をすることにある。

これが第一義的な活き方なのである



◎積極的に 尊く 強く 正しく 清く 真と善と美のみで




[PR]
by florence18 | 2014-02-06 20:24 | *how to 2

2-⑤心を積極的に

世の中は公平にできているんだから

心を積極的にしさえすれば 健康もよくなり

運命も立ち直るようにできているんだ


だからもっと自分の心を研ぎなさい

心を積極的に保つようになると

いらないことはどんどん忘れて

いることだけ覚えてくれる心になるのだ

今日からはどんなことでも心に心配事があったら

クンバハカしてひょいと吹き消してしまいなさい。

*クンバハカはカテゴリー4で



心を積極的にするのに とても役立つ特別の

心がけをおしえよう

インドで教わってそのままやって非常に病の回復に役に立った

ちょうど 自分以外の人が感じているように

客観的に考えるようにしなさい

自分の腹の痛いのを隣のおばさんの腹の痛いように感じなさい



痛い 悲しい 怒り 憎しみ=一切の感情感覚は

実在意識がそう感じる  

霊魂は感じていない

神経を通じて 実在意識にそれを感じ

せしめているから感じているだけで 感じなければ思わない



何でもいから第3者の立場に立って考えるように

習慣づけなさい

こういう心がけを実行すると 自分の生命の道具である

心や肉体と本当の自分とをまぜこぜにしなくなるんです

いつもせつ然として 本当の自分をぴたりと守って

心を積極的に完全に生きられるようになれる

すこぶる効果のある心がけなんですから

是非ともこの特定意識を習慣づけなさいよ




[PR]
by florence18 | 2014-02-05 20:07 | *how to 2

2-④心の態度を取り替える

人間は霊妙な気の持つ力の中にいるからこそ

生きていられるのである。

空気の中にいるからではない

万物創造の霊妙な働きをなす気が空気を作り

この気の中に空気が作られているのである。

空気の中に気があるのではない



『何となりがたいかな、山の中に今座っている

自分はこの霊智の力 いわゆる全智全能の働きを持つ

気とともにいるのではないか

いや、気に包まれているのではないか

そしてここに座っている』

ここまで思いついたとき 誰もいないヒマラヤの奥地に

ただひとり座っていながら 何の淋しさも感じない

何とも形容のできない心強さを感じたのである

”人間の心の態度でこれを受け入れる分量

非常に相違してくる”という事を私の心が考えてくれたのである。




心が無念無想に近い状態であれば、宇宙に隈なく遍満存在している気を

分量多く受け入れるが この尊い力も消極的になっていると

受け入れることができない

事実を持ってこれを自分の身体で経験したのである。




このエネルギーを全生命に分配するのも

これは神経がおこなっている。

その神経は肉体の中にあるが肉体の中に

存在するだけで 肉体から受ける影響も

全然ないこともないが それは対照的であり

心から受ける影響の方が絶対的である。

という事が分かってきたのである



朝から晩まで欲と感情と感覚に追い回されて

せかせかあたふたと落ち着かない生活ばかり

送っている人間に良い運命や健康が得られるはずがない

自分を完全にするには心の態度を取り替えるのが先決問題である






『悟れば一瞬にして幸来る』

この真理が心の中に輝くと 健康も運命も共に

求めずとも完全になるようにできているのが人間なのである。

その資格は身分でもなく学問のあるでもなく

器量の良し悪しでもなく 人間であれば誰でも持っている




[PR]
by florence18 | 2014-02-04 19:15 | *how to 2

2-③思考は人生を創る

『心とは何か』人間の生命の本質であり

心が思ったり考えたりすることによって

『気』の活動が表現される

そして心のおこなう思考は すべて個人の原動力となっている

心を通じて宇宙の根本主体に通じている

この絶対関係を真剣に考えると

『思考は人生を創る』というこいとに断然結論される。



ありがたいことに万物の霊長たる人間は

その心の態度によって『宇宙の気』がこれが順応して働き出す

そして今日からたとえ人生にどんなことがあっても

自分は力の結晶だ!と言う正しい悟りが終始心の中に

満ち満ちていれば 何もたいした努力をしなくても

いつも積極的で『清く 尊く 正しく 強く 』

自分でも不思議なほど 元気と言うものが湧き出してくる

その元気がつまり元の氣がただちに『先天の一気』を呼び寄せ

つまり原動力となり 健康的にも運命的にも

すべてのことが完全に解決されてくる。


元気という気が出た時 何とも言えない爽快さを感じるものである。

元気ハツラツたる状態で生きることこそ 最も必要かつ

大事なことであるから 常に心のおきどころを

積極的にするために『自分は力だ』ということを

断じて忘れてはならない。






[PR]
by florence18 | 2014-02-03 19:01 | *how to 2

2-②運命を拓く

精神生命に命を活かす力となる宇宙エネルギーを

受け入れる第一機能がある。

宇宙エネルギー→脳髄で受け入れられる(心が働く場)

→神経系統に送られ命を活かす力となる。

肉体に伝えられ肉体を活動させている。

宇宙のエネルギーにはプラスとマイナスがある。

プラスは建設 マイナスは破壊 

プラスの配合が多いと健康 運が良くなり

マイナスが多いと 不健康 運が悪くなる



自動車のエンジンを回すのには燃料が必要

伝記的発火装置があって初めてエンジンは回り始める

人間の身体も空気を吸い 食物を食べ 水を飲み

土の上で生活し 日光があればいつまででも生きている

ことになる。

しかしそれだけでは人間はいけていけない

モーターだけをいくら立派に造っても

電圧が低ければ回らないのと同様に 健康と運命とを正しく保持し

生きがいのある人間として人生を生きたいと欲する者は

何をおいても 人間の活きる命の力を豊富にし

受け入れられる活き方を考えなければならない



そしてどんな運命にも 人間と言うものの生命は

『一切の生命をしのいでいる 力の結晶だ』

と正しく思いこんでしまうことである。

このことこそ人生の幸福の宝庫を開く鍵のようなものである。




[PR]
by florence18 | 2014-02-02 18:36 | *how to 2


不安や悩みや病気を乗り越えて スパラシキ人生*にするための方法を書いてます。


by florence18

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

メモ帳

Copyrightⓒ2014
florence
All Rights Reserved

ブログランキング・にほんブログ村へ

カテゴリ

全体
*wonderful life はじめに
*Tenpu Nakamura 中村天風
*contents 目次
*how to 1
*how to 2
*how to 3
*how to 4
*how to 5
*how to 6
*moving words 感動した言葉
*books お薦め本
*work
*food
*health
*exercise
*my profile
*my diary
*others
*Yogananda ヨガナンダ
*Osho
*The celestine proph

タグ

(133)
(107)
(90)
(53)
(42)
(10)
(9)
(9)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。