心鏡の払拭 新箴言3

心というものは 相当注意を周到にしても

ややともするとすぐ垢汚れがつく

垢汚れがつくとたちまち心は消極的になる

心の状態が向下的になると 生命確保の根本的作用を

行っているという大切な事実が厳存しているために

その結果として 全体生命の存在状態が極めて

力弱い状態になる

すると当然健康や運命を把握しているコイルの

絶縁体が解けたのと同様となって

人生の毎日がまったく生きがいを失ったものになる



というのも 心鏡の払拭をないがしろにすると

心が常に感情の奴隷になってしまって 克己心

(自分の欲望などに打ち勝つ力)も忍耐力も全く無になって

ちょっとしたことにも すぐカーッとなって

上ずってしまう



そして波立てずと良い人生を 自制することのできない

憐れさからきわめてくだらぬものにしてしまう



怒ることがあれば怒るのが当然 怖ろしいことがあれば

怖れるのが当たり前 悲しいことがあれば泣くのがなんで

間違っている、と言う風に それが少しもさもさも当然のように

断定しているという極めて無知な人さえいる



またそれほど愚かでなくても『感情の奴隷になることは

はやりむろんすべての結果において 健康に対しても

運命に対しても万々よくないことは十分知って承知している

けれども いざとなるとなかなかそううまく統御の

できるものではない。』と平然と間違った自己弁護を

正当のように主張する人がある

しかしこれも堂々私がいうとおり 真理は情実に絶対に同情しない


だからいくら巧みに自己弁護を巧みに脚色しても

消極的な感情生活をあえてしていると 必ずしや早晩

(遅かれ早かれ)疾病に冒されたり あるいは運命に

よくないものが生じてくる



観念要素の更改や積極観念の養成法 反射神経の調節法

安生打座 全部を真剣に実行されて 全体生命の

現実厚生の根本義たる積極的精神態度の確保を

堅持するために 心鏡を常に八面玲瓏(うるわしく照り輝くさま)

たるものにされることに 熱烈であってほしいと

心より勧め 奨励する





To be a Real Man, it is neccesary to practise

good cleansing of his mind incessantly.

It is because maind is the basis for

the actual realization of his whole life.


新箴言3より



[PR]
by florence18 | 2014-06-28 15:00 | *how to 6


不安や悩みや病気を乗り越えて スパラシキ人生*にするための方法を書いてます。


by florence18

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

メモ帳

Copyrightⓒ2014
florence
All Rights Reserved

ブログランキング・にほんブログ村へ

カテゴリ

全体
*wonderful life はじめに
*Tenpu Nakamura 中村天風
*contents 目次
*how to 1
*how to 2
*how to 3
*how to 4
*how to 5
*how to 6
*moving words 感動した言葉
*books お薦め本
*work
*food
*health
*exercise
*my profile
*my diary
*others
*Yogananda ヨガナンダ
*Osho
*The celestine proph

タグ

(133)
(107)
(90)
(53)
(42)
(10)
(9)
(9)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。