心を積極的に 新箴言1

人生に対する精神態度が積極化すると

いかなる場合にも またいかなることに直面しても

真人としての体面を冒とくすることなく

あたかも熟練した技師が精巧な機械をまるで自己の手足を

使うかのように『心』の操縦が大変うまくいき 

すなわち使うべきものは使い 使うべからずものは

使わないという 取捨分別を適宣にすることができるからである



これを要するに『心』の操縦の根本原動力というべき

意志の力というものが あえて求めなくても

自然的に実在意識に煥発(輝き現れること)されてくるためである

多く言うまでもなく 人事世事すべての人生のできごとが

一切に応接するものは『心』である




したがって万一そのときの『心』の態度が消極的であると

そのできごとを完全に処理解決することができなくなるというのは

前記の意志の力なるものが十分に実在意識領に煥発されてこないからである





意志の力が不十分だと そのできごとに対応する

『心』の操縦が完全にできなくなり 反対に

そのできごとに『心』がとらわれて

正当な判断や断定が結局不可能になる

これはつまるところ 使うべき『心』に使われてしまうという

不合理な哀れな結果である

『心』というものは 厳格にいうと人間のいのちの活きるために使う

生命要具であるから 絶対にこれに使われるべきものでない





ところがこの決しておろそかにできない重大な事実を

案外たいていの人が気がついていない

否、自分では『心』を使っているつもりで 実は反対に

心に使われて活きている場合が多い





その証拠には ほんとうに いかなる場合にも明るく朗らかに

活き活きとして勇ましい積極的な精神態度で人生の運命を好転させて

ハツラツと活きている人が極めて少ない

そして反対に健康や運命がよくないから『心』が

どうしても消極的になると、平然として言う人すらある





真理はまさにこの反対の反対なのである

すなわち、健康や運命が意のままにならないときほど

『心』の態度をよりいっそう積極的にするのが最も大切で

忘れてばらばうことなので そうすればいわゆる生命の

内在力(潜在勢力)が期せずして湧然として(わきでるようなさま)

現れて 健康も運命も自然と好転してくるというのが

尊厳なる宇宙真理である





何はともあれ常に 人生に対する精神態度を

徹底的に積極的にして いかなる場合にもその精神態度が

絶対的積極化という尊厳なる状態に到達するように心して

その践行に(実際におこなうこと)努力すべきである




The propriety of the means to deal with affairs of

our life is determined by our mental attitude

whether it is positive or negative.


心箴言1より

[PR]
by florence18 | 2014-06-25 11:06 | *how to 6


不安や悩みや病気を乗り越えて スパラシキ人生*にするための方法を書いてます。


by florence18

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

メモ帳

Copyrightⓒ2014
florence
All Rights Reserved

ブログランキング・にほんブログ村へ

カテゴリ

全体
*wonderful life はじめに
*Tenpu Nakamura 中村天風
*contents 目次
*how to 1
*how to 2
*how to 3
*how to 4
*how to 5
*how to 6
*moving words 感動した言葉
*books お薦め本
*work
*food
*health
*exercise
*my profile
*my diary
*others
*Yogananda ヨガナンダ
*Osho
*The celestine proph

タグ

(133)
(107)
(90)
(53)
(42)
(10)
(9)
(9)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。