1-④我とは何ぞや

この宇宙なるものはいわゆる物質なるものに

依って形成されている

そしてその物質は大別して

動物 植物 鉱物の3種に分かれて

更に科学者はその性状の上から

これを無機 有機物の2種に区別している



人類の生命の中には以上の一切の物質が

各種の形態の下にことごとく存在している


第一に肉体を組織している肉体とか骨とか

または血液リンパ液というような物質は

その大部分が鉱物の有する生命と同様のものである



それからいろいろの情念的方向を観念すると

これは一般動物の生命に存在するものと

ほとんど共通的のものである。




その他動物の生命に見いだすことのできない

一段高い特殊的特徴が我々人類の生命の中に存在してものである


それは『高等優秀な精神機能』である


人間の生命の中にはこの宇宙間に存在している

最高のものから最低のものに至る一切のものが

付与具有されているのである




すなわち人間が 一切の生物無生物をりょうがして

万物の霊長たる特徴点なので 哲学者が人間を

1個の小宇宙なりと形容しているのもこの点にある




心や肉体は人の生命の本体が広義における

その生命存在を完全にするために行使する

要具として各々個体生命に付与させているもの

何事と言えども原因あっての結果なので病むのも

不運になるのも厳としてそこに原因があるのである



どうしてそんな病にかかったのかと言うと

大抵の人は時候のせいだの 働き過ぎだの

無理をしただの 食糧不足とかすべての原因を

一切多面的なものとする

理由なしにこうなったという人いもいる



更に運命に対してもこれと大同小異で 大部分は

運命の方から自分を苦しめたり悩ましたり

するかのように 悪く考えるか

自分自身にその生命要具として付与された

心や肉体を完全に行使して生きなかったがためだという

大きな錯誤が無意識に行われていたと

何の反省もなければ自覚もない



心をキレイにして心が霊的境地に置かれている人々には

煩悶も苦労も絶対にない 安心立命の生涯に悠々と生活している



心を汚すことによって 本能と理性のみで

生きてしまって 怒ったり悲しんだり憎んだり煩悶したりして

病気になったり運命を悪くする

逆を言うと 心を汚さずに生きれば幸福しかないのである!



諸君が諸君の心や肉体の存在を意識的に

自覚したのはおそらく生後3年か4年後であったろう



自分自身心や肉体の存在を意識的に自覚しなかった当時

諸君と言うものは存在してなかったというのか?

すなわち諸君が各自の心や肉体の存在を意識的に

自覚しなかった以前から諸君の生命を確保

していたものこそ真我=自己の本体で

正真正銘自己なのである

否厳密に言えば この世に生まれいずる以前から

諸君となるべき生命要素なるものは

この宇宙大気の中に実在していたのである。









[PR]
by florence18 | 2014-01-04 17:58 | *how to 1


不安や悩みや病気を乗り越えて スパラシキ人生*にするための方法を書いてます。


by florence18

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メモ帳

Copyrightⓒ2014
florence
All Rights Reserved

ブログランキング・にほんブログ村へ

カテゴリ

全体
*wonderful life はじめに
*Tenpu Nakamura 中村天風
*contents 目次
*how to 1
*how to 2
*how to 3
*how to 4
*how to 5
*how to 6
*moving words 感動した言葉
*books お薦め本
*work
*food
*health
*exercise
*my profile
*my diary
*others
*Yogananda ヨガナンダ
*Osho
*The celestine proph

タグ

(133)
(107)
(90)
(53)
(42)
(10)
(9)
(9)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。